偏頭痛が悪化する前に漢方薬を飲むのが先決

男性女性

効果のある選びかた

漢方

効果的な飲み方

偏頭痛が軽減するようにいろいろ策を考えてもなかなか治らない場合には、漢方が有効です。偏頭痛に対して処方される漢方は呉茱萸湯が多いです。これは痛み自体に対しての薬ではなく、体が冷えていたり虚弱体質の人に効果を発揮する薬です。偏頭痛による吐き気や、冷えによる痛みに対して体を温めて痛みを鎮めるという作用があります。普段の生活で冷房などの影響を受けやすく、冷えることで不調を起こす人に対して有効です。このような痛みの元となる原因からしっかりサポートします。効果が実感できるまでに時間がかかりますが、とても有効で胃の負担もそれほどかからないという特徴があります。漢方は基本的に食前や食間に服用する様になっています。白湯に溶かしたり、ゆっくりと服用することでしっかり体に吸収されます。偏頭痛は色々なことが原因になりますが、体を温めてしまうと血管が広がり痛みを起こすものもあります。そのような偏頭痛には呉茱萸湯は逆効果になるので、漢方を選ぶ際には病院などで医師や薬剤師に相談することが大切です。市販されている漢方薬を選ぶときには五苓散料が有効です。どのような体力でも使用をすることができ、偏頭痛が起こると感じたら、事前にこの漢方を飲んでおくことで、痛みが起こりにくくなります。また葛根湯は筋肉の緊張や張りを緩和させるので、肩こりや筋肉痛などから起こる頭痛に効果を発揮します。確実に体質を改善して偏頭痛を解消させる漢方薬を望むのであれば、漢方を取り扱っている医師に相談することが有効です。