偏頭痛が悪化する前に漢方薬を飲むのが先決

男性女性

ゆっくりじっくり改善を

生薬

体の冷えを改善しよう

風邪でもないのに、頭痛に悩まされることはありませんか。もし、原因がわからない頭痛が周期的に繰り返すのであれば、それは偏頭痛かもしれません。痛みを抑え、上手に付き合っていくことが求められますが、頭痛がやってくるたびに憂うつな気持ちになる方も多いことでしょう。偏頭痛は、様々な原因で引き起こされるものです。また個人差も大きく、自分の辛さを人に理解してもらえないという苦しみもあります。もう我慢できないと思ったときには、ぜひ漢方薬を取り入れてみてください。漢方薬は自然由来の成分を組み合わせて作られるもので、非常に多くの種類があります。偏頭痛の原因に合う漢方薬を見つけることができれば、辛い症状も緩和できるかもしれません。偏頭痛で悩む方に処方される漢方薬は、呉茱萸湯や五苓散、苓姜朮甘湯などがあります。呉茱萸湯は体の冷えを改善すると共に、鎮痛作用があるとされています。吐き気を伴う辛い頭痛で悩む方にもオススメできます。五苓散は解熱鎮痛効果や、血流改善効果があるとされています。苓姜朮甘湯も冷えを改善してくれると言われています。漢方の世界で、頭痛は冷えからくるものという認識があり、体内の冷えを改善してくれる薬を処方されることが多いようです。西洋医学で用いられる薬とは異なり、漢方薬は飲んだからといってすぐに効果を実感できるわけではありません。効き目は穏やかで、じくりと付き合っていくべき薬です。体質改善のつもりで使ってみるのもオススメです。